地方在住者が考えてみた!東京土産にみる人間関係

東京から来ました、というときの東京土産

東京の人が地方へお土産を持って行くときには、会社の近くのおいしいものを定番にしてしまいましょう。東京駅で買ったことがわかってしまうようなものはさけたいものです。「わざわざ」買ってきました、という感じが大切です。そしてもう一つ、今はどんなことでもネットで調べられてしまいます。それがいくらだったか、老舗のものなのか等々リサーチされても大丈夫なように「そこそこ」のものを持参しましょう。このリサーチするという行為は、お土産を持参する人の評価につながるだけでなく、持参した人が渡す相手のことをどの位大切にしているかを見極めるポイントにされてしまいます。東京土産を利用して、上手く人間関係を築きましょう。

東京へ行ってきました、というときの東京土産

地方の会社から東京へ出張し、帰路につくときのお土産は定番のものがベストです。帰る間際に東京駅で調達すれば十分です。逆に有名店のものにしてしまうと「わざわざ行ってきたの?」と言われかねません。出張前に「何がいい?」なんて聞くのもやめておきましょう。もし、リクエストの品をたまたま購入できなかった場合、どのようなお土産を買って帰ってもマイナス評価になってしまうことがほとんどだからです。頑張らない、手間をかけない方が無難です。

東京土産はやはり特別

たかがお土産ですが、東京土産は地方のお土産と違い、選択肢も多く迷ってしましますよね。渡す相手が家族や友人なら、いろいろと考えて凝ったものをお土産にするのもよいかもしれません。しかし、どのような人に渡すのであれ、絶対に避けたいのが東京に売っている地方のものをお土産にすることです。いくら有名でも、おいしくても、地方名産のお菓子などは避けましょう。地方の人のとって、東京はいろんな意味で特別なところなのです。

ラ・カンパネラは、ピアノ練習曲の名前です。難易度が高いことで有名です。弾きこなすには高度な技術が必要となります。