最先端素材で選ぶ!アレルギーフリーの結婚指輪

カラーバリエーションで選ぶなら「ジルコニウム」

ジルコニウムと言われてもピンときませんよね。実はこれ、レアメタルの一種なのです。酸やアルカリに強いので、塩酸や硫酸などの化学薬品が扱われる工業設備などに使用されています。つまり、変色しにくく錆びにくいので、家事で洗剤などを使っても気にせず日常的に指輪をつけられます。一番の特徴は、やはりカラーバリエーションではないでしょうか。ジルコニウムは、他のアレルギーフリーの金属に比べ透明度があり、酸化皮膜が緻密で安定しています。ちなみに酸化皮膜とは、指輪の表面に発色皮膜を形成して発色をさせることなので、指輪自体が発色をしているため、塗装とは違います。永久的ではありませんが、色が長持ちします。夫婦それぞれの好きな色を選ぶなんてこともできますよ。アレルギーフリーを気にする時代ですから、シルバー色にこだわる必要もないのです。

軽さで選ぶなら「チタン」

チタンとは、航空関係や医療器具から眼鏡や自転車など身近なものにも使用されている金属です。錆びや傷に強く、海水や温泉にも指輪をつけたまま入れます。チタンの一番の特徴は、つけていることも忘れると言われるぐらい「軽い」ことでしょう。結婚指輪として主流のプラチナや金の約1/4の軽さなのです。 また、お財布にやさしいのも魅力的です。チタンもカラーバリエーションは豊富ですが、その中でも一番はブルー系です。これには理由があり、色の耐久性は発色皮膜の硬さによるのですが、チタンはブルー系だけ皮膜をより硬く生成できるのです。チタンそのものの色は、シルバー色よりも少し暗い灰色のような色ですので、渋めがお好み方は発色をしなくても充分楽しめるでしょう。

頑丈さで選ぶなら「ステンレス」

ステンレスは、よく耳にする親しみのある金属ですよね。医療のメス、ピアスなどに使用されています。それだけ身近な金属なので、結婚指輪の中でも一番お財布にやさしいと言えるでしょう。浮いた予算で宝石を少し大きなものにする、なんていうのも素敵ですよね。ステンレスは、錆を防止するために作られている金属なので、もちろん錆びには大変強いです。また、とても傷に強く頑丈なのですが、ステンレスの中でも「サージカルステンレス」がアレルギーが起こりにくいので、肌が敏感な方はサージカルステンレスの方がオススメです。そして、他の金属の指輪に比べ、ローメンテナンスなのも魅力です。日常的に使いたい、傷を気にせずにずっとつけていたい、でもお手入れはたまにがいい!という方は、ステンレスがいいのではないでしょうか。

結婚指輪は一生もの。でも今の収入ではいいものは買えないとお悩みの方!心配無用です。「収入が上がった」「節目の年を迎えた」といった理由で買い直しするカップルも少なくありません。