無駄にしない!撮った写真の残し方や選び方

効率のいい写真の残し方

デジカメやスマートフォンなどから気軽にキレイな写真が撮れるようになりましたよね。旅行やイベントなどの特別な時に撮ることよりも家族の写真や風景、食事など日常の何気ないシーンでもよく撮りますよね。せっかく撮った写真は、大事な思い出ですよね。何年先でも見ることが出来るように大事に保管しておかないといけません。今は、プリントアウトするよりもパソコンなどでデーターを保存する方が主流です。データーを残しておけば、かさばることもなくいつでも見たい時に見れて、自宅でも印刷することが出来ますね。

データとして残す写真の選び方

ただ単に、撮った写真をそのままデーターに残せばいいというものではありません。普段から写真を撮っている人は、物凄い数のデーターになりますよね。今だけの分ならいいですが、あとであの時の写真を見たい、という時にあまり数が多いと探すのにも一苦労してしまいます。残す写真も、厳選する方がおすすめです。1つのシーンの写真でも、何枚もシャッターを切っていることが多く、意外に似たような写真が多いものです。ベストショットといえる写真のみ残し、あとは思い切って削除してしまいましょう。

迷ったときの写真の選び方

データーとして残したい写真は、しっかり写っているものが基本ですね。ぴんぼけしていたり、切れてしまっていたり、ぶれている物は迷わず削除しましょう。人物の場合は、見切れていたり、目をつむっているものなどは後で見ても気持ちのいいものではないので削除がおすすめです。表情が豊かな物や、自然な表情だったり、カメラ目線の物など見ていて、その当時のことが思い出せるようなそんな写真を残しておくとあとで写真を見た時に楽しむことが出来ます。大事な思い出をしっかりと残しておきましょう。

スマホで撮影した写真はあまり溜まると容量不足になってしまいます。そんなときはお気に入りの写真をフォトブックにしてみましょう!スマホアプリで簡単に作れるので便利です。