時計のカッコいい選び方かとは!!場所に合わせる

意外と教養が試されることに

時計のチョイスと言うのは意外と教養が必要になります。成金趣味が悪いとは言いませんが、雰囲気に合わせた時計を選ぶ事が重要です。別に気にしないのであれば、安い物を身につけて、実用品のみとしての機能を期待するのはありです。しかし、フォーマルな場ではそれなりの地位であるならば、相応しい時計が求められることが多いです。それが一つのステータスでもあるからです。そこが大変なファッションであり、装飾品であるわけです。

無難な黒がお勧めできます

どんな場合でもそれなりに相応しい時計の色があります。それが黒です。これは結婚式でも葬式でも問題がないです。少なくともゴールドよりは良い事が多く、また、言い方を変えると、気にされない、と言うことになります。そこまでの拘りがないのであれば、実はお勧め出来る時計の色になります。後はあまりにも奇抜な形をしていないのであれば、別に安い時計であろうと非常識扱いされることはないです。高いことが常によいわけではないです。

時計で人品を見ることもあります

人によっては、つけている時計によって、人品を判断する場合もあります。ほぼ根拠がないことではありますが、その場に相応しくない時計をしている人を振るいにかけるのは間違ってはいないです。人は見た目ではないですが、持っている物で判断されることはあります。それはスーツであり、靴であり、時計である可能性があるわけです。少なくとも人語に落ちぬとは言いませんが、見た目が綺麗で清潔な時計をつけておくとよいです。少なくともマイナス評価にはならないです。

1868年創業の腕時計メーカーIWC。男性向け高級腕時計として、オンタイムにもオフタイムにもファッションをキメるアイテムとして活躍します。