中華料理で使われる高級食材とは!?3つ紹介

コラーゲンたっぷりフカヒレ

中華料理は円卓で家族や友人などとわいわい楽しむことができる料理ですが、料理によっては高級な食材がつかわれており、とてもお高い料理も多いのですよ。中華料理で使われる高級食材といえばやはりフカヒレですよね。フカヒレはサメのヒレの事であり、サメの種類によって価格も異なっています。コラーゲンが豊富なので美容にも効果が高いと女性にも人気の高い食材なのですよ。フカヒレの姿煮や、またほぐしてスープなどに利用されています。

ツバメの唾液で作られている

中華料理に利用される高級食材には、こんなものも食べるの?と思うようなものもありますよね。ツバメの巣も高級食材であり、アナツバメの巣が主に利用されています。ツバメの唾液や海藻などで作られている巣ですが、高級なものほどほとんど唾液で作られているそうですよ。アナツバメは崖に巣をつくるため、簡単に取りに行くことはできないのです。また食品にするためには柔らかくしたり、また不純物などを綺麗に取り除いてくため希少価値がとても高くなっているのです。

一度は食べてみたい干しアワビ

中華料理の中にはアワビが丸ごと煮込まれている料理もありますよね。その存在感はなかなかのものです。中国では昔から高級食材として利用されてきたのですよ。アワビを干すことによって旨みが凝縮するので、生よりも美味しいと言われています。お店で食べると1つで数万円するものも多いそうですよ。噛むと口の中に旨みが広がっていくのです。中華料理にはこのように珍味と呼ばれる高級食材が沢山あるので一生のうちに一度は口にしてみたいものですよね。

肉まんは水分が多く、湿気に触れるとカビが生えやすくなるので保存の際は冷暗所を選びます。また、長期間保存する場合は品質を保つために冷凍することが大切です。