時計のファッションセンスについては原則的に

好きにすることではありますが

時計と言うのは意外とファッションセンスが求められることになります。それでもその状況に合わせる意識は持っていたほうが良いです。つまりは、その場に相応しい時計のデザイン、と言うのがあるわけです。かなり抽象的になりますが、とても大事な要素です。金銀輝く時計もよいですが、無難な黒も一つは持っていたほうが良いです。これはどんな場合でもとりあえず失敗はしない色になります。ブランドよりも色合いのほうが状況に合わせるのには重要です。

ブランド物であることは

時計は色々なブランドがあります。数万円もありますし、数十万円の物もあります。今では数千円ですら、よい時計がいくらでもあります。但し、それでもそうした高級時計をつけるべきかどうかの考え方があります。基本的には趣味の領域であれば好きにしたらよいことです。プライベートではまったく問題ないです。しかし、フォーマルな場となりますと話は変わってきます。ブランドよりもデザインの方に注視して、コーディネートをするべきです。

機能性を重要視すること

仕事などで使う場合は、機能性を重要視するのが賢明になります。時計の機能といえば、時間を計ることになりますが、それ以上の性能がある場合も多々あります。例えばストップウオッチ機能であったり、方位がわかったり、血圧を見れる時計すらあります。歩数を計測してくれる場合もありますし、耐衝撃性に優れていたり、水に強かったりします。どんな時計が自分にとって実用的であるのかをよく吟味して、日頃から使う物を決めるのです。

ロレックスはムーヴメントに定評があり、防水性などの機能に優れている為に宝石等が付属していなくても中古品でも高値で取引されます。